照山元瑶

生年:寛永11.7.1(1634.7.25)

没年:享保12.10.6(1727.11.18)

江戸前期の臨済宗の尼で,林丘寺の開山。後水尾上皇の第8皇女。母は櫛笥隆致の娘逢春門院隆子。
幼名緋(朱,明)宮。
母は逢春門院。寛永15(1638)年12月親王宣下,光子内親王と称す。寛文5(1665)年10月,龍渓性潜から菩薩戒を受け,延宝8(1680)年9月,父帝の死を契機に天竜寺住持の天外を戒師に剃髪した。

すでに寛文年間(1661~73)父から修学院山荘内の別殿の楽只軒を与えられていたが,天和2(1682)年2月,境内に観音堂を建立し聖明山林丘寺として寺院にした。
宝永4(1707)年に退隠して普明院宮と号す。
信仰に厚く,若年より画技に優れて人物画を得意とし,観音菩薩を数千幅描いて教化に努めたという。
<参考文献>洞院満季選『本朝皇胤紹運録』,『林丘寺法内親王行業記』